ダイエット目的でランニングを始めるなら靴選びが大切

ダイエットに適度な運動は欠かせませんが、特別な技術や道具が必要ないランニングは手軽に始められる人気の運動です。
特別なものはいらないといってもランニングシューズは専用のものを選んだほうが良いでしょう。
普段使っている靴でも足に合わないものを履いていると痛みや靴擦れができることがありますが、ランニングはそれ以上に体に与える影響が大きくなります。

ランニングシューズは普通の靴に比べて底が厚く、クッション性が高いので足裏や足首、ひざの負担が軽減できます。
軽量化も進み、長時間走っていても疲れにくいという特徴もありますが、メーカー独自のカラーもあるのでいろいろ履き比べてみるのもアイデアです。

ランニングにふさわしい靴はスポーツ用品店などで手に入れることができますが、靴選びは必ず試着をしてから購入するようにしてください。
メーカーによってもサイズの微妙な違いや形に特徴があり、履いて歩いてみるまではわからないことが多いからです。
いざ走り始めて初めて不調を感じるということもありますので、慎重にしすぎてもやりすぎということはありません。

ダイエット目的のランニングは1回きりではなく、高い頻度で行うものですので、お気に入りのシューズ、お気に入りのウェアでモチベーションを高めるのも続けるためには必要です。
体重が平均値を大幅に超えている場合はひざの痛みなどが発生する場合もありますので、いきなり長時間走ったり、固いアスファルトの上を走ったりするのは避けましょう。
軽いランニング、またはウォーキングから初めて徐々に早く走れるように調整しましょう。

足に合わない靴は外反母趾やひざの痛み、ねん挫などのけがにもつながりますので、慎重に靴選びを行ってください。
また、時々靴底の減りを確認することで走り方の癖を確認することも必要です。
間違った走り方をしているとそれだけ負担も大きくなりますので、改善できるように正しいフォームの研究もしていきましょう。

ランニングで体重は減るのか?増えた人もいるらしい

ダイエット目的でランニングをする場合、毎日かできるだけ多くの頻度で続けることが必要です。
ランニング以外にも運動を行っている場合を除いて、高い頻度で続けたほうが体重に与える影響が大きくなります。

それくらの距離走ればいいのかは個人の体力にもよりますが、少なくともダイエットのためには1時間はランニングに費やしたほうが効果は高くなります。
30分以上体を動かし続けることで初めて脂肪燃焼効果がでますので、少し走った程度では効果がありません。

ランニングの目的はこの脂肪燃焼効果のほかにも筋肉をつけるという目的があります。
ランニングをして筋肉量がアップしたことで体重が増えることがありますので、体脂肪率なども一緒にチェックすると効果が確認できます。
体重が増えることは望ましくないと思われますが、筋肉量が増えれば基礎代謝が増え、痩せやすくなることはダイエットの定説です。
それでも太ももなどがたくましくなることを避けるには緩やかなペースで長時間走ることが大事です。

ランニングで減る体重は人それぞれですが、体重60㎏の人が1㎏減らすには150㎞走る必要があります。
毎日5㎞走ってやっと1㎏減る計算になります。
ランニング直後に減った体重はほとんどが水分です。
水分補給をすれば元に戻ってしまうので一喜一憂しないように気を付けましょう。

走ることは誰にでもでき、時間と適切な靴さえあれば今すぐ始めることができます。
気が向いた時だけでなく、きちんとランニングのための時間を設定して継続して続けることがダイエットを成功させるためのポイントです。
ランニングだけで毎月減らせる体重はあまり多いとは言えませんが、無理をせずけがをしないように心がけましょう。